PIANO PIANO 肥後橋本店 News

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瀬戸内のワタリガニ入荷しました!!

今回入荷したワタリガニは瀬戸内で捕れた活きのいいワタリガニです。
ワタリガニ5 ワタリガニ3 ワタリガニ1

殻を炒めブランデーでフランべします。
甲殻類特有の香り、甘みをトマトソースに閉じ込めます。
ワタリガニ2

しっかりとした味わいから、細いパスタよりも
噛みごたえのあるパッケリ(リング状のパスタ)やリングイーネなどがよく合います。
ワタリガニ4

これからの季節メスが卵を持ち、その卵と共にお召しあがりいただきたい
ピアノピアーノ自慢のパスタです。 

仲井

スポンサーサイト
  1. 2009/09/25(金) 01:38:53|
  2. 食材

Strozzapreti ~ストロッツァプレーティ~

Strozzapreti ~ストロッツァプレーティ~
(ウンブリア・マルケ州で作られるひも状のパスタをねじったもの)

当店の手打ちパスタ担当の高島がイタリア修業時代、
少し北のエミリアロマーニャのレストランでよく作っていたものです。

パスタ2 パスタ1 パスタ3 パスタ5
左手を少し丸めて生地を持ち、右手をこすり合わせる様にねじりながら切る
という高度な技術を要する作業です。
初めて彼がこのパスタを作った時その正確さとあまりの速さに店中で驚きました。
(ちなみにこの動画は分かり易くするためゆっくり作ってもらっています。)

[高画質で再生]

Strozzapreti ~ストロッツァプレーティ~ [ブログ]

粉を卵だけで練るパスタと違い
生乳を入れる少しやわらかい生地なので食感も もちもち と弾力のある仕上がりです。

パスタ6
シンプルなトマトソースや軽めの肉のラグーなど職人の人柄を表したような
優しくほっこりした味わいのソースがおススメです。






  1. 2009/09/25(金) 01:07:01|
  2. 食材

天然木の子入荷します。

岩手県花巻周辺で獲れる、天然木の子入荷します。

地元の80歳のプロの採取者が採った木の子で天然ものの為、
その日の収穫にもよりますが、だいたい2~4種類入れさせて頂きます。

キノコ  栗木の子
主に、しめじ、香茸、あみ茸、初茸、しょうげんじ、なら茸、くり茸、シモフリしめじ等が入ってきます。

フリットや、ガーリックオイルでソテーした前菜や、同じく花巻のクリと一緒にリゾット、
手打ちパスタなどでお楽しみいただけます。
パスタ

ご来店、お待ちしております。


  1. 2009/09/15(火) 22:31:16|
  2. 食材

美味しく体に優しい食材が届きました。

長野県たてしな農園より直送。
美味しく体に優しい食材が届きました。

金糸瓜a  金子瓜b

中央の白い瓜は金糸瓜。
輪切りにして茹でると果肉がそうめん状にほぐれるのでそうめん瓜とも言われます。
さくさくした歯触りで、マリネしたものをサラダなどにします。

手前のオレンジの中間のような味で
実は生食用カボチャです。
ピクルスにする予定・・・。

左側の細長いフキの様な野菜はルバーブ。
古代ギリシャでは薬用兼食用とされていたもの。
スッキリとした香りと強い酸味を活かしてコンポートやジャムにします。

  1. 2009/09/14(月) 18:04:59|
  2. 食材

京都のワイナリー「TAMBA WINE」 訪問

集合時間は9:30AM、休日に精力的に動き出しました。
行先は、丹波篠山にある丹波ワイナリーです。
高速道路を走り、長い田舎道の後、やっと到着!

醸造責任者のすえださん、忙しい中迎えて頂きありがとうございました。
今回は収穫の時期ということもあり、いろいろな地方からの見学の方々も多く来られていた様です。

そして早速、収穫のお手伝い。
今年は雨が多く、日照時間も短かったため、ブドウの房も全体的に熟さず色づきもまばらな様子
例年よりは、1週間ほど遅い収穫となっているとの事、やはりブドウも農作物。
難しいとことです。
そんなスタッフの方の苦労も考えながら1つ1つ丁寧に摘み取っていきます。
ワイナリー5

収穫作業を終え、お腹をすかせたあとは、炭焼きのBBQ!!
牛肉、猪肉、丹波しめじ、たくさんの野菜を丹波ワインと一緒においしく頂きました。

お腹もいっぱいになり、ほろ酔い気分になったところで恒例のブドウ畑めぐり、白ブドウは
トレッビアーノ等イタリア系のものや、フランス、ドイツ系のブドウ、赤も同様にいろいろあり勉強になります。
ワイナリー3  ワイナリー2

そしてそのままカンティーナ(ワイナリーの蔵の中)を見学
醸造責任者のすえださんが、たるの中の熟成中のワインを直接取って試飲させてくださいました。
ワインを作った方がそばにいらっしゃるので、あれこれ質問しながらの試飲。
この上ない勉強と経験させて頂きました。
ワイナリー1

熱意を持ち情熱を注いでブドウと向き合うスタッフの方々を見て本当に感動します。
ワインを作ることの難しさや面白さも少しわかった気がします。
そしてそうして作られたワインを多くの人に楽しんでもらえるように努力していかなければならないと
実感しました。

すえださん、山崎さんをはじめ、丹波ワイナリーの皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました。

「TAMBA WINE」
http://www.tambawine.co.jp/

  1. 2009/09/08(火) 21:54:40|
  2. ワイン
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。