PIANO PIANO 肥後橋本店 News

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ミラノワインコレクション」 はじまります。

2011年は 大阪市とミラノの提携姉妹都市20周年という記念の年という事もあり
ミラノのある ロンバルディア州を中心とした北イタリアのワインにスポットをあてた
イベントを開催します。

昨年 大阪市中央公会堂にて行った
「大好きイタリアワインVol.1 キャンティクラッシコ新世界」の続編になります。

VIVA I VINI ITLIANI! 大好きイタリアワインVol.2
「ミラノワインコレクション」

チラシ表最終

今回は、会場のスペースがあまり広くありませんので 1度の定員が150名様と限られています。
時間帯が 1部12:00~15:00 2部16:00~19:00の2部制となります。
チケットご希望の際には お間違えの無いようご確認ください。

今回は、ロンバルディアを中心とした北イタリアのワインが約110種類集まります。イタリアのスプマンテを代表する「フランチャコルタ」をはじめ、
多品種でバラエティ豊かな「オルトレポ パヴェーゼ」
山岳地帯で造られる「ヴァルテッリーナ」など 普段はなかなか楽しむことのできないワインを
グラスワインとして リーズナブルに楽しんでいただく事ができます。

前売りの入場券の販売を、8月1日から開始いたします。 
ピアノピアーノ肥後橋店をはじめ、AVIのスタッフが働く店舗でチケットの販売を行いますが
インターネットでお申込みいただくこともできますので
詳しくは AVIのホームページをご覧ください。
コチラ。。。
AVI ホームページ

当日券のご用意はございませんので 予めチケットをご購入いただいてご来場ください。

ロンバルディアのワインにまつわるセミナーも開催されますので
またご興味のある方は お早めにご予約ください。

このイベントに関する情報は、このブログでも随時ご報告いたします。。。




スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 23:30:20|
  2. お知らせ

Amici Vini Italiani  イタリアワインの友だち。

今年の初めごろ、ご近所のイタリアを愛する方々と
イタリアワインを普及させたい想いを込めて コミュニティを作りました。
名前は 
「 AVI~Amici Vini Italiani~ アヴィ 」 です。

活動内容は いたってシンプルで ひとりでも多くの方にイタリアワインに触れていただくこと。
レストランで働く若いスタッフの方向けの勉強会を開催したり、
チャリティワイン会などを行っています。

9月に イタリアワインにまつわるイベントを開催しますので
また ご報告いたします。

ご興味のある方は こちら。。。
avi
avi




  1. 2011/07/25(月) 23:00:00|
  2. お知らせ

僕らが旅に出る理由。

先日、ピアノピアーノで長く勤めていたスタッフが
ワーキングホリデーを利用して オーストラリアへ旅立ちました。

彼は 「愛想はワルイ」ですが とても人懐っこい性格から
お客様にもよく声をかけていただき イタリアから帰った後も
彼の動向を気にしてくださっていた方もおられ、
度々、イベントなども 手伝ってくれていました。

まだまだ若い彼が、これから何をしてくれるかは未知数ですが
ホストファミリーのママさんが イタリア人であるコトで
まずは、トレリンガルを目指す!と意気込んでいるので
ちょっと楽しみにしておきます。

行った先で 何が起こるか分からないままに
出かけてゆくというのも 旅の醍醐味です。

旅に出たからといって 人間が磨かれるとも限らないですし
人生観が変わるとも限らないですが
自分の体で感じる色々なこと
心地いいものや
そうでないもの
心の中にしか残らないもの
だからこそ 何より貴重なものを
旅が 彼に与えてくれるでしょう。

皆様はこの夏 何処かへ 旅に出られるのでしょうか。

ピアノピアーノは
8月14日から16日まで お休みをいただきますが


旅に出られない方は
ピアノピアーノへどうぞ。

旅の写真
  1. 2011/07/20(水) 16:02:54|
  2. お知らせ

雨ニモマケズ。

ピアノピアーノの20周年のイベントから 早いもので4カ月がたちます。
本当にたくさんの方からお祝いのお言葉を頂戴し 
皆様に支えられてここまで来れたと 幸せに思います。

先日、横浜のエトリヴァンというイタリアワインの輸入業者さんから
素敵なお祝いを頂戴しました。

エトリヴァンさんの取り扱われるワインは
産地やブドウ品種は違っても
何処かに一貫したスタイルを感じられる素晴らしいワインばかりです。
イタリアワインや生産者に対しての向き合い方も 
その分析力や愛情の注ぎ方も 私たちには学ぶべきところが多くあります。

ピアノピアーノのオーナー村上とも 古くからのお付き合いで、
1995年の阪神大震災以前からになります。
当時を振り返り 思い出話もうかがいました。
大変貴重な1991年産のワインにサンドブラスト加工を施し、
「ピアノピアーノ 祝20周年 1991~2011」のメッセージ入りの
エッチングボトルをプレゼントしていただきました

一緒にお送り頂いた、佐々木さんからのお手紙は じんわり心を温かくしてくれる内容だったので
少しだけ抜粋して ご紹介させていただきます。

  お元気でしょうか。
  神戸の大震災以前からのお付き合いですから、長いですね。
  あのころは、イタリアンが勢いづいた頃で働く人たちにも 活気がありました。
  当時、我を忘れて働いた若者が 夢見た独立を果たしているころでしょうか。
   僕も、この時代を生き抜いてきました。
  あの時代の「頑張ろう」は言葉ではなく、本当に疲労困憊まで働くことでした。                
   今回の地震はエネルギー的には 阪神淡路大震災の1250倍といいますから 結果も悲惨です。
  やっぱり僕らの仕事は、人の心に安堵があってこそ成り立つものだと痛感いたしました。
   平和産業の先端です。
  これからは僕らが元気になって支えていかなければならないのでしょう。


エトリヴァンさんは 震災の義捐金にと色々な活動をされていますが
その中のひとつに 
「Rinascita」 「雨ニモマケズ」 2016 と
サンドプラストしたチャリティワインを製作されています。
「Rinascita」はイタリア語の「再生、復興」という意味です。
宮澤賢治の「雨ニモマケズ」は
日本人の内に秘めた感情の強さと理性の強さを感じる とても素朴で力強いメッセージです。 
これからは 私たちにできる恩返しをしていかなくてはいけません。
今後とも 宜しくお願いいたします。
  1. 2011/07/18(月) 22:58:52|
  2. 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。