PIANO PIANO 肥後橋本店 News

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年末のご挨拶として。

今年も多くのお客様や取引業者の皆様に支えられ
無事に最終営業日を迎える事ができました。
日頃のご愛顧に感謝いたします。

ピアノピアーノも来年で
創業24年を迎えることとなり
この空間で
本当に多くの方々と
たくさんの時間を共有させていただきました。

これからも、皆様にとって
ピアノピアーノで過ごしていただくひと時が、
かけがえのない時間となりますよう
お店づくりを心掛けていきたいと思います。

来る年も
変らぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。
皆様の
益々のご繁栄とご多幸を心よりお祈りいたします。

ピアノピアーノ
スタッフ一同

__ (4)






スポンサーサイト
  1. 2013/12/29(日) 12:00:10|
  2. 日記

ヴェローナの食文化の歴史を...

11月に来店してくださった
ソアヴェ・クラッシコの優良醸造メーカーである
ピエロパン社のアンドレア・ピエロパン氏から
彼らの土地の食文化の歴史や郷土料理について
書かれた本をお送り頂きました。

___2013122114310448f.jpg

しかも、
一応...女性であるスタッフ二人の名前入りで。
流石 イタリア人。

素敵なクリスマスプレゼントになりました!
Grazie Mille!!!

__ (3)


  1. 2013/12/21(土) 15:25:59|
  2. 未分類

カレーマ村のスプマンテ。

北イタリア・ピエモンテ州のカレーマ村。
直ぐ北にアオスタと隣接する人口700人ほどの小さな村です。

carema2.jpg

P7250361.jpg

標高が高く冷涼なこの地域では、
急勾配の斜面に
石垣で組まれた段々畑が広がります。
Carema.jpg


アルプスの冷気で一気に冷え込む夜間にも
日中に太陽に温められた石の熱が、
葡萄を守ってくれるのだそうです。
carema3.jpg


そして人の背より幾分高い棚仕立ての樹。
畑での全ての作業は手作業で、
収穫時には30㎏にもなる籠を背負って
急斜面の畑を上り下りするんです。

piemonte9.jpg

造り手の知恵と努力の詰まったカレーマのワインは、
素朴で優しさに溢れています。

この土地で
ネッビオーロ種から造られた
スプマンテが入荷しました。

P7250366.jpg

標高650メートルの段々畑から生まれた
ネッビオーロを、瓶内二次発酵で醸造した
カレーマのスプマンテ。
Carema Spumante

Carema Spumante2

柔らかい果実味と心地のいい酸に
支えられたその味わいは
はっきりとしたネッビオーロの個性を
香りと余韻に感じます。

年間1200本以下しか
生産されないこのスプマンテ。

食前酒として、よりも
パスタやメイン料理と共に
ボトルでゆっくり
お楽しみいただきたい1本です。
是非、お試しください!!








  1. 2013/12/20(金) 15:15:24|
  2. ワイン

ピエモンテ風ロールキャベツ「カポネ」

ある日のBプランツォ(\1500)のメイン料理。
あまりにも好評で
美味しそうだったのでご紹介します。

カポネという
ピエモンテ風のロールキャベツです。

__ (2)

本来は、チリメンキャベツで作るようですが
今回は普通の美味しいキャベツで。

これを軽くブロードで炊いてから
バターとパルミジャーノをかけて
オーブンで焼き上げます。

___20131209160119ef9.jpg

ピエモンテの郷土料理で
ポトフのように牛すね肉や舌など、
色々なお肉を煮込んだ「ボッリート」

このスネ肉を細かく刻んで、
豚ミンチや香味野菜と合わせ
キャベツで包んでいるので
お肉の旨味がギュッと閉じ込められて

尚且つ
表面を香ばしく焼いたパルミジャーノと
バターの香りが絶妙です。

次回の登場がいつになるか
分かりませんが
最近の、スタッフの
自分たちが食べたい料理No.1 です...(苦笑)
  1. 2013/12/09(月) 16:33:54|
  2. 料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。