PIANO PIANO 肥後橋本店 News

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れのモンタルチーノへ ~タレンティ~

引き続き。。。

ブルネッロ・ディ・モンテルチーノ
今回はタレンティのお話。

ブルネッロの老舗ワイナリーである
イル・ポッジョーネにおいて
1958年から年金生活に入る1980年までの間
最高責任者としてその職務を
全うしたピエルルイジ・タレンティ氏。

そして同社から分けてもらった畑で
自らのブランドとして
ワイン造りを始めたのが「TALENTI」

talenti.jpg

標高350メートルの好条件の土地で
大樽熟成による伝統的な手法での
ブルネッロ醸造を頑なに守り続けてきました。

しかし98年、タレンティ氏が
心臓の病を患い他界した事で
ワイナリーに大きな転機が訪れます。

息子であるロベルト氏は
モンタルチーノの診療所で
内科医として活躍中であるため
孫にあたるリッカルド氏が
後を引き継ぎ、

著名なエノロゴである
カルロ・フェッリーニ氏を
コンサルタントとして迎え、
新しいタレンティが生まれました。

prodotti.jpg

リッカルド氏の目指す
ワイン造りの重点は、柔らかさ。

フルーツ香がありながら
シルクのような口当たりと
キメ細かいタンニン。

ブルネッロの気難しさを
敬遠していた方にも

気持ちを高揚させてくれるような
程良い凝縮感となめらかさ。

ピエルルイジ・タレンティという
偉大な幕は下りたことは
寂しく思いますが

リッカルド氏の新しいスタイルの
モンタルチーノの表現に
期待が高まります。

そして
次も、もう少しだけ
ブルネッロのお話。。。












  1. 2012/12/17(月) 22:52:00|
  2. ワイン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。