PIANO PIANO 肥後橋本店 News

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラスミ作りの季節 到来!!

さて、秋深まるこの季節。
毎年恒例の食材の入荷が始まりました。。。

カラスミの原料となる、ボラの卵です!!

皆様に大変 好評いただいている
「自家製カラスミ」

このカラスミは、
毎年涙ぐましい...といっては
大げさ過ぎますが
手間ヒマ・愛情を注いで作られている訳です。

今回は、そんなカラスミ作りをご紹介。

ボラの卵は、
イメージするところのタラコと同じ。
薄い膜に包まれた卵巣の部分。
ここには細かな血管が入っていますので
まずは、この薄い膜を破らないように
血管から中の血を竹串でより出します。

__ (4)


中に血が入ったままだと
色が悪くなるのと
臭みが出るのを防ぐためです。

この作業が一番神経を使うところ。
きれいに下処理をしておかないと
仕上がりに大きく影響します。

__ (5)

そしてたっぷりの塩をまぶして
数時間置いて、塩を蒸留酒で洗います。

__ (2)

置く時間によって
塩の入り方が変わるので
いい頃合いを見計らって作業を進めます。

最後に、網の上にのせて干します。

___201311132235593e9.jpg

上下にひっくり返しながら
数日にかけて干すと
だんだんカラスミ特有の香りが生まれます。
こうして
しっかり乾燥させると、出来上がり。

最初の生の状態と比べると
こんな感じ。

__ (3)

こんな感じで
この時期に一年分のカラスミを
せっせとこしらえているのです。

食べたくなりました??




  1. 2013/11/18(月) 14:14:04|
  2. 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。